2017年11月3日金曜日

Orange Pi PCにArmbianを入れてKernel 4.xを使ってみた

久しぶりにRaspberry Piを引っ張り出してきたんだけど、そういえばOrange Pi PCでも同じことできるんじゃないかということで久しぶりにOrange Pi PCを引っ張り出してきた。
以前はテレビに繋いで使ってたんだけどFireTV Stick2が来てから全然使ってなかったし。

ディストリビューションはArmbianを使ってみることに。Armbianは今のところデフォルトでKernel 3.4系みたいだけど、PX-BCUDはカーネル4.7以降だとカーネルモジュールが組み込まれているようなのでArmbianのNightly Buildに切り替えて、カーネルを入れ替えてみた。

まずはarmbian-configでNightly Buildに切り替える。

sudo  armbian-config

これでSystemの設定から変更することができる。
少し時間がかかる。

古いバージョンを消去する。
sudo aptitude remove ~nlinux-dtb ~nlinux-u-boot ~nlinux-image ~nlinux-headers
sudo aptitude remove ~nlinux-firmware ~narmbian-firmware ~nlinux-$(lsb_release -cs)-root 1 aptitude remove ~nlinux-firmware ~narmbian-firmware ~nlinux-$(lsb_release -cs)-root
(勝手に改行されてるけど2行です…

あとは新しいバージョンのカーネルやヘッダをインストール。

sudo apt-get install linux-image-dev-sun8i linux-dtb-dev-sun8i linux-headers-dev-sun8i
sudo apt-get install linux-u-boot-orangepipc-dev linux-$(lsb_release -cs)-root-dev-orangepipc
sudo apt-get install sunxi-tools swconfig a10disp
sudo reboot

これで再起動後にカーネル4.11.12で起動した。
H3のカーネル4.xはまだ使えないモジュールがあったり不安定だったりするのでまだまだだろうけど、一応Raspberry Pi同様にPX-BCUDを動かすことができた。

ただなんかVLCでhttpストリーミングしてるとOrange Pi PCが落ちるんだよなぁ…
何が悪いんだろ…

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ハイブリッド型の中華イヤホンTRN V20を買ってみた。

Aliexpressを巡回しているとリケーブルできるイヤホンが結構お安いこと… ということでちょっと調べてみるとBA+DDのハイブリッド型のイヤホンで2000円を着るのにもかかわらずレビューもそこそこ良かったTRNのV20ってのをポチってみた。 マイク付きとマイク無しがあった...