2017年6月8日木曜日

Raspberry Pi Zeroを買ってみた

Raspberry Pi Zeroの入荷メールが来たのでスイッチサイエンスで早速ポチってみた。
多分三回目の入荷かな?300個ぐらい入荷したっぽくて一日ぐらいでなくなったみたい。
送料は150円だったので送料含めると全部で798円だった。
v1.3になってからカメラもつながるようになったみたい。
ついでにmicroSDHCもポチった。
sandiskの8GBで733円だった。Raspberry Pi Zeroが安すぎて送料含まないと本体のほうが安いという。

早速RaspbianのLiteをダウンロードして書き込み。
このmicroSDは書き込み速度的には11MB/sぐらいみたい。
書き込んだらsshが使えるようにbootディレクトリ(WindowsだとFATのパーティションとして認識されるところ)に空ファイルでsshというファイルを入れておく。

microSDをRaspberry Pi Zeroに挿して、USBホストのポートにはこの前買ったASIXのLANアダプタを接続して起動してみた。
AX88772Bは標準のモジュールで読み込まれるので普通にLANポートを認識してIPをルータから調べたら繋がった。

このボード、なにかに組み込むのに便利そう。HDMIはminiHDMIだけどSSHさえ有効になってしまえば使わなくてもいけるし。
ただしUSBを使うにはmicroUSBだし、カメラは小さいコネクタを使用してるので変換ケーブルが必要っぽい。

Raspberry Pi1より性能いいし、色々遊べそう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...