2011年2月1日火曜日

SDHC買ってきた

記録媒体がほしかったのでいろいろ探してみたらSDHCが一番安くて速そうだったので買ってみた。

じゃんぱらでmicroSDHC Class2の4GBが500円で、仙台ボンバーでSDHC Class6の4GBが500円だったので、書き込みが早いほうがよかったからSDHCにしてみた。
なんか限定品らしいけど個数制限なしで大量に置いてあったのでとりあえず2枚買っておいた。
というのも仙台ボンバーのスタンプカードは1000円につき1スタンプだったからなのだ!

ちなみにこれはTrancend TS4GSDHC6ってやつみたいだ
パッケージには12MB/sって書いてあるからおそらく読み込みが12MB/s出て、Class6だから書き込みが6MB/s保障ということなのだろう

PCに内蔵したリーダーのSD端子の接触がいよいよ悪くなってきてよみこめねぇ…
やっぱり3.5インチベイに内蔵するタイプのカードリーダーはもろいな
※2台目です

昔買ったBuffaloのリーダーで速度測ってみるとなんだか読み込みが7MB/sしか出ていない…
異様に遅いのでPCIE接続のSDカードリーダーがついてるノパソで試したところちゃんと12MB/sちょい出た。書き込みは6.5MB/sぐらいだった。まぁそんなもんかぁ

いやぁUSBメモリ買うより安いね。けどリーダー買わないとね…

最近はUSB3.0対応リーダーなるものがあるらしい
ELECOMのMR3-A001シリーズはヨドバシで4980円だった。これが一番最初に出たのかな?
公式ページでも高速な感じをかもしだしてるよね。
しかもファームウェア更新対応という。ついにカードリーダーもファームウェア更新できる時代なのか。
BuffaloのBSCRA51U3シリーズは公式ページを見る限りもっと速そう?それとも使用してるカードが2社の間で違うからこの結果になった?
まぁよくわからないけどケーブルのさす向き的にBuffaloのほうがデスクトップPCにつなぎっぱなしにするのに便利そうだなぁ
ロアスってメーカーの奴もあるみたいだ。

価格はどれも4000~5000円といったところかぁ

まぁ使ってるカードがまだ遅いけど後々のことを考えると早いカードリーダー買って置きたいよね
とか思ってみたり…


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...