2017年5月28日日曜日

LM75をRaspberry Piで使ってみる

室温やケース内温度を測ったりするときはやはりI2Cの温度センサが便利。余計なこと考えずにそのまま値を得られるし…
温度と気圧まで測りたいならBOSCH BMP280とか良さそうだし、さらに湿度測りたいならBOSCH BME280とかもあるけど、今回は温度だけでよかったのでお安いNXP LM75ADを使ってみた。

eBayで2個で1ドルぐらい。お安い。

SOP8のままでは扱いにくいのでとりあえず変換基板に載せてみた。
この変換基板も10枚で1ドルぐらいだった気がする。

動作テストということでそのままRaspberry Piに接続して
raspi-configでi2cを有効化して

sudo apt-get install i2c-tools
でi2c-toolsをインストール

sudo i2cdetect -y 1
でi2cデバイスのアドレス一覧が見れる
今回はアドレス設定ジャンパに何も繋いでないので4fの模様。

i2cget -y 1 0x48 0 w
でLM75からデータを取得できる。
このままではわかりにくいのでawkで整形すると10進数で温度が表示できる。

i2cget -y 1 0x48 0 w | awk '{print(("0x"substr($1,5,2)substr($1,3,1))*0.0625)}' 

温度だけ見るならやはりLM75安くて良さそうだなぁ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

簡易PoEインジェクタを作ってみた。

Raspberry PiにPoEで給電できたら便利だなぁと思っていたんだけどIEEE802.3afとかIEEE802.3at対応品で揃えると結構お高い… eBayみてると規格に準じてない簡易的なものが結構出てるし、秋月には PoE LANケーブル電源供給基板キット なるも...