2015年9月4日金曜日

Crucial MX200を買ってみた。

ゲームマシン復活してからもたまにブルスクでマシンごと落ちてたりしてたんだけど、原因がわからず…
試しに別のSSDにインストールしてみると落ちなくなったのでSSDを交換してみることに。
ちなみにSSD自体は速度低下もあまりしてないしエラーも見受けられず。どうなってんだろ…

やはりMarvellのコントローラを搭載したSSDが良かったのでコスパが高いというCrucialのMX200にしてみた。Marvellコントローラ搭載のSSDとしては最安レベルの価格。
今回はSSD2台を1台にまとめるために500GBを買ってみた。
値段的には今積んでる250GBより安いぞ…
付属品はノートPCに積むときに厚みを合わせるためのアダプタとSSD移行ツールのみ。
今回はクリーンインストールなので付属品は使わなかった。

一回Windows 10にアップグレードしていたのでクリーンインストール時にプロダクトキーの入力をスキップしてもネットに繋がると自動でライセンス認証が終わっていた。

とりあえず半分ぐらいデータを入れた後なんだけど速度を測定してみた。

そういえばCrucialはCrucial Storage Executiveというツールが用意されてて、ファームウェアの更新とかMomentumというメインメモリをキャッシュに使って高速化できる機能がつかえるっぽい。
それを考えるとやっぱりコスパ高いなぁ


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

DuinoFun UHS miniを買ってみた

Arduino用のUSB Host ShieldのArduino Pro mini版のクローンを買ってみた。 Circuits@Homeの USB host mini  r1.0のコピーっぽい?MAX3241Eは3.3V駆動なので、レベル変換がついてないUSB host ...