2014年11月26日水曜日

WT3020にtelnetでアクセスしてみた。

というわけでWT3020にtelnetでアクセスすることもができた。
ユーザー名:nexxadmin
Password:y1n2inc.com0755
でログオンできる。どうやらWT1520(DN-84749)と同じみたい。

とりあえずUSBメモリも使えるのでtelnetで接続して内蔵SPI FLASHのバックアップでもしてみようかと。

まずはSPI FLASHの振り分けも見ることができた。

# cat /proc/mtd
dev:    size   erasesize  name
mtd0: 00030000 00010000 "Bootloader"
mtd1: 00010000 00010000 "Config"
mtd2: 00010000 00010000 "Factory"
mtd3: 007b0000 00010000 "Kernel"

というわけでmtd0〜mtd3をUSBメモリにでもバックアップしてみる。

フォーマットしてあるUSBメモリを接続すると自動でマウントされる。

cd /media/sda/sda1
でとりあえずUSBメモリのルートに移動

cat /dev/mtd0 > mtd0.img
cat /dev/mtd1 > mtd1.img
cat /dev/mtd2 > mtd2.img
cat /dev/mtd3 > mtd3.img

これでUSBメモリにバックアップすることができた。

一つのファイルでまるごとバックアップしたい場合は

cat /dev/mtd0 /dev/mtd1 /dev/mtd2 /dev/mtd3 > wt3020h_original_firmware.bin

とかにしてみた。
一応容量確認してみてもピッタリ8MB分だったのでこれで行けそう?
書き戻してみるまでこれでいいのかわからないけどとりあえず…

そういやweb設定画面はWAN側からアクセス出来ないんだけど、telnetとFTPはWAN側からアクセスできるんだけど…

なんにせよこれでOpenWRTに書き換える準備は整ったな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

Fire TV Stick (New モデル)でUSBデバイスを使ってみた

昨日届いた新型のFire TV Stickなんだけど、USBホスト機能がついてるようでOTGケーブルを使うとUSBデバイスが使える模様。 というわけで早速試してみた。 何かに使えるかなと思って買っておいた給電対応OTGケーブルが役に立つ時が来た。 eBayで1ドルぐらいだ...