2014年11月24日月曜日

NEXX WT3020H届いた!

というわけでAliexpressで注文していたWT3020Hが届きました。
ビニール袋に入った本体とUSBケーブルがバブルパックに入ってるだけというシンプルさ。
上海問屋のDN-11042とは違って上部にNEXXのロゴが入っています。
フロントの電源ランプは青色LEDっぽい。アクセスLEDも兼ねてる。

リアはWANとLANポートと電源用のマイクロUSB端子。

このモデルはWT3020シリーズの中でもNAS機能が付いているモデル。
なので横にはUSBメモリやHDDのためのUSB端子がついてます。
ちなみにWT3020Fだと3Gモデムもつながるらしい。

まず電源を入れてNexxから始まるSSIDに接続すると設定するように促される。
とりあえずボタンを押すと設定画面に飛ばされる。
説明書がなくてデフォルトパスワードがわからなかったので上海問屋のページを参考にした。
ユーザー名もパスワードもadminらしい。(あとから気がついたけど裏面にも書いてあった)
ちなみに設定前はワイヤレスネットワークにセキュリティーがかかってないので電源を入れたらさっさと設定したほうが良さそう。
ウイザード形式でインターネットの接続方法を選んだら次のページでWiFiのセキュリティーが設定できる。
デフォルトではオフになってるので、"WPA-PSK/WPA2-PSK"を選択してオンにしておくといいかも。Applyを押すと設定が保存されて再起動する。
USBポートにUSBメモリを刺してhttp://192.168.8.1にアクセスして、HDDタブから中身を覗くことができた。iPhoneからもアクセスして動画を再生したりできたので持ち歩き用の無線LANルーターとしてはなかなか便利かもしれない。
300Mbps対応だしね。

ファームウェアバージョンはNexx 3020H V2.43 (Apr. 30, 2014 19:23:19)
中継器としても使えそうな感じ。

まぁもともとOpenWrtに書き換えるのが目的だったんだけど、純正でもなかなか便利そうだ。OpenWrtを入れてanonabox化しても面白そう。
ちなみに純正ファームの設定画面は英語と中国語しか対応してないみたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...