2008年8月25日月曜日

MODチップじゃありません。

今日は能登がXBOX改造のパーツを持ってきてくれたので早速内蔵してみた。

今回追加したのはVGA化用の同期信号を直接ボード上から取るためのパーツです。
外に出すために内にあったφ2.5ジャックとケーブルを使用しました。

H-SyncとV-SyncはCONEXANTの35ピンと36ピンから出ているのでそれをバッファしてやって外に出してやればいいのです。

ピッチが狭いのでショートに注意です。


バッファは74HC14でやりました。バリコンと電圧降下用にダイオードを使って電源は3.3Vを引っ張ってきています。
そして背面に穴をあけてφ2.5の端子を装着しています。外れないようにホットボンドで固めました。

全体的にみるとこんな感じ。MODチップに見えなくもない?(にしては配線少なすぎか

前と同様にHDDアクセスLEDとBIOS切り替えスイッチも取り付けました。
あとは拡張AVパックが入手できたらそっちの改造だけVGAが使えるようになりますな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...