2008年3月17日月曜日

光端子をつける

マザー上にSPDIFのピンヘッダがあったのでTOSLINKをつないでみた。

TOSLINKは高いらしいのでジャンクなPS2から取り外してみた。
半田吸取り器を使うと簡単に取り外せる。
GNDはわかるとしてどっちがSPDIFかわからないのでとりあえずテスターを当ててみると真ん中が5VでGNDと反対側が1.7Vぐらいでした。
ということはそこをSPDIFにつなげばいいようですな。
5VとGNDの間に0.1μFのチップコンデンサをつけてホットボンドで固めました。

次はケースへの取り付けてですね。

適当なプラスティックのパーツを利用してシリアル端子を取り付ける穴に取り付けました。
幅がぴったりですね。隙間も埋めようとおもったのですがアルミ板の加工が面倒くさかったのでやめました。
ちなみにマザボを変える前は薄いアルミ板を加工してとなりのプリンタポートをつける穴にIEEE1394を二つ搭載してました。
太めのケーブルをさしてもぐらぐらしないのでとりあえず大丈夫そうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

簡易PoEインジェクタを作ってみた。

Raspberry PiにPoEで給電できたら便利だなぁと思っていたんだけどIEEE802.3afとかIEEE802.3at対応品で揃えると結構お高い… eBayみてると規格に準じてない簡易的なものが結構出てるし、秋月には PoE LANケーブル電源供給基板キット なるも...