2017年4月22日土曜日

iRigを自作してみた。

だいぶ前に友人に頼まれてiRigの互換デバイスを作ってみてたけど、同じ友人から増産依頼が来たので増産してみた。

今回はケース加工が面倒だったのと、小型化できそうだったので面実装パーツを使って6.3mmジャックのメス側のハウジングに内蔵してみることに。


JFETには2SK208-GRを使ってみた。
スペースの問題で1段


抵抗とコンデンサパラで入るところはチップ抵抗の上にチップコンデンサを重ねてみた。


とりあえず端子のハウジング内に収まりそう。

次はiPhone側の4極端子の作成。
前回同様3芯のシールド線に端子をつける。

あとはホットボンドで固めた上から熱収縮チューブで形を整える。


なかなかスリムなコネクターに仕上がったのでiPhoneケースに干渉しない!
ちなみにヘッドホン出力はダイソーの延長ケーブルをカットして使った。


だいぶスマートな感じに仕上がった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

Google Homeで家電を制御してみる

Google Home Miniをせっかく購入したのでこの前作ったIR Stationを使って赤外線リモコンが使える家電をGoogleアシスタントで制御してみた。 流れとしてはGoogleアシスタントをIFTTTと連動させて、IFTTTからIR Stationを呼び出す感じ。...