2015年2月11日水曜日

ArduinoとESP8266で温度と湿度をつぶやいてみた。

最近ESP8266モジュールを使ってArduinoからTwitterでつぶやいたりXiveryでグラフを作ってみたりしてきた。
いままでRaspberry PiでやってたことがArduinoでできるだなんて…

ということで前に作った素数BotをArduino Pro mini +ESP8266+DHT22に移植してみた。
このBot、地味に2年以上動いてたんだな…(時々止まってるのに気が付かなかったが。

とりあえず素数BotはXiveryにも同時にデータを送っていたが、今回はTwitter部分だけ実装した。
まぁ前回のコードほぼそのままなんだけど。
ESP8266のライブラリも今のところこれだ!と言うのは見当たらなかったので…
とりあえずブレッドボードで様子を見ようかなと。
調子が良さそうだったらXiveryにデータログする部分も書き足そうかな。
あとちゃんとSerial.find()使ってエラー処理するようにしないと鯖側に何かあった時やばそう。
汎用性が全くないソースコードになってるので綺麗に描き直さないとな…

Raspberry Piより低消費電力に!
これを応用するとスマートメーターとか作れそうだな

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ニンテンドースイッチでキーボードとマウスを使う

前回Coov N100でオプションのCoov HUB K4を購入すればキーボードとマウスが使えるという話をしましたが、友人用に代理購入してみた。 スイッチはもともとキーボードを文字入力用とかには使えるみたいだけど、このアダプタを使ってつなぐとゲームの操作に使用できるようになる。...