2015年2月11日水曜日

ArduinoとESP8266で温度と湿度をつぶやいてみた。

最近ESP8266モジュールを使ってArduinoからTwitterでつぶやいたりXiveryでグラフを作ってみたりしてきた。
いままでRaspberry PiでやってたことがArduinoでできるだなんて…

ということで前に作った素数BotをArduino Pro mini +ESP8266+DHT22に移植してみた。
このBot、地味に2年以上動いてたんだな…(時々止まってるのに気が付かなかったが。

とりあえず素数BotはXiveryにも同時にデータを送っていたが、今回はTwitter部分だけ実装した。
まぁ前回のコードほぼそのままなんだけど。
ESP8266のライブラリも今のところこれだ!と言うのは見当たらなかったので…
とりあえずブレッドボードで様子を見ようかなと。
調子が良さそうだったらXiveryにデータログする部分も書き足そうかな。
あとちゃんとSerial.find()使ってエラー処理するようにしないと鯖側に何かあった時やばそう。
汎用性が全くないソースコードになってるので綺麗に描き直さないとな…

Raspberry Piより低消費電力に!
これを応用するとスマートメーターとか作れそうだな

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...