2015年1月23日金曜日

Digispark互換基板を買ってみた

DigisparkはArduino的に使えるATtiny85を搭載したマイコンボード。
こいつの互換基板がeBayでお安くてに入ったので使ってみた。
元々はUSBポートに直結できるボードなんだけどmicroUSBのほうが使い勝手が良さそうだったのでmicroUSB搭載版にしてみた。

ボード自体はいたってシンプルでAttiny85だけでUSB接続を実現してるっぽい。
IOは6ポートあるけどUSBで通信しながら使う場合は4ポートしか使えない。

使用するにはArduino IDEベースの専用ツールを使用する感じ。

ツール→ボードでDigisparkを選択し、
ツール→書込装置でMicronucleusを選択するだけ。

プログラムを書き込む時は書き込みボタンを押しても自動リセットされないので1分以内に一回USBを抜いてもっかい指す必要がある。

とりあえず400円ぐらいで手に入ったので軽くなにか動かしたいときには良さそう。
しかしシリアル通信が使えないのでPCと通信する場合はちょっとしたプログラムを書かないといけなさそう?

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...