2009年7月1日水曜日

iPod touchをiPhone OS 3.0に更新してみて

更新してからしばらく使ってみてやっぱりコピペ機能の重要さを改めて感じたw

コピペがあることによって格段に作業効率が上がりますね
しかも選択方法もiPodならではのよく考えられてるなぁという操作性

でもやっぱりタッチペンがほしいね

静電容量方式なのでふつうのタッチペンが使えないので静電容量方式に対応したタッチペンが必要なんだけど
高いんだよね…
なのでDealextremeで安いのを見つけたので注文してみた
早く届くといいな


あとはブラウザのパスワード保存機能も便利
学校の無線LANを使う場合、プロキシの設定ができないといけないんだけどそれは対応してたのでよかった
しかも自動設定ファイルが使えるのがいいね
PSPだと自動設定ファイルが使えないので自動設定ファイルを開いてそのとおりに設定してみたんだけどつながらなかった
ブラウザのせいもあるのかな?
でもiPod touchは自動設定が使える上にVPNにログオンできちゃったりするみたいです
VPNでログオンしないと使えない公共無線LANもあるようなのでこれはすごいとおもうw
OSXベースだけあってWindowsMobileには及ばないけどそこら辺はしっかりしてたね

でもうちの学校はプロキシだけじゃなくてログオンページでログオンしないといけないんだけど
ユーザー名とパスワードをいちいち打たないといけないのは大変だった
そういうわけで3.0からのログオン情報保存機能はすごく助かるね

まぁiPod touchは3.0にあげるのに1200円かかるけど自分的にこれらの機能だけでも相応な価格だと思った


そのほかにもBluetoothのA2DPに対応した
もちろんコントロール用にAVRCPにも対応してるので
一時停止とかもBluetoothヘッドホンから出来るのです

みんなからはもとからBluetooth積んでたの?
とか聞かれるんだけど
実はNike + iPodはBluetoothを使って通信してるらしい
というかtouchの場合それにしか使えないようにされていたっぽい
一応チップは無線LANとBluetoothのコンボチップらしい

というわけでつないでみた
すごく簡単w
Bluetoothをオンにするだけで検出を始めるのでBluetoothヘッドホンをペアリングモードにして少し待つだけ
一覧に出たらタッチしてパスコードを入れるだけでつながります

音楽再生の時にBというアイコンがでてきてそこをタッチするとスピーカー(イヤホンをつないでるときはイヤホン)とBluetoothのどちらから音を出すか選択できます

Bluetoothの送信機は3000円ぐらいするから1200円のファームウェアアップデートはお買い得ですね

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

Google Homeで家電を制御してみる

Google Home Miniをせっかく購入したのでこの前作ったIR Stationを使って赤外線リモコンが使える家電をGoogleアシスタントで制御してみた。 流れとしてはGoogleアシスタントをIFTTTと連動させて、IFTTTからIR Stationを呼び出す感じ。...