2009年1月29日木曜日

DD-WRTで超小型サーバーを立てようと…

超暇だったのでOpenWRTを入れていたFONにDD-WRTをいれてWebサーバーでも作ろうと


まずはSDを搭載するところから
とりあえずminiSDとmicroSDの変換アダプタをGPIOと電源にはんだ付け
んでAdataの2GBを指して起動
設定でMMC・SDはオンにしてあるので勝手にフォーマットされるはず…
ちなみにバージョンはv24-SP1

しかし認識しない…

pqiの1GBを指したら半分認識したw
半分の容量どこ行ったんだ…
SSHで接続してdmesgしてみると512MBサポートっておいw

OpenWRTのほうには高速化バージョンとかあるのになぁ

FTPを立てようと
ipkg updateが使えない…だと



とりあえず外部からHTTPで接続はできるようになったが
FTPとかSanbaサーバーが使えないとファイルのアップロードめんどいということで

DD-WRTはあきらめた


そういえばOpenWRTでも無線LANクライアントになることできたんだっけ
クライアントブリッジができないだけで特に問題はないか・・・
DD-WRT使った意味なかったかorz

まぁ2か月以上休みがあるわけなのでじっくり構築しますか。

RebBootの設定も書き換えてあるのでFON2200みたいに簡単にOSの入れ替えができるようになってるのがせめてもの救いw



そういやこのまえ食男宅に行っていろいろしてきた。
・FONをAPモードで設定(もとはうちの実験用FON2200w)
・PCにブルーレイドライブ内蔵
・PCの無線LAN設定
・PS2を6回ぐらい分解したがCDのゲームだけ1発起動になってDVDのゲームはなかなか起動しない
よく考えたら食男の春休みgdgd環境を作りに行ったようなもんじゃないか…

しかし楽しかったからいいか。



なんかここのところ休みはじまってからほぼ毎日イベントが発生してるんだがw
あしたは自作PC組み直しですかそうですか。ってもう今日じゃねーかw

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...