2018年4月19日木曜日

Raspberry Pi Cameraで長いフレキを使ってみた

Raspberry Pi Camera上でレンズで遊んでいるとどうしても付属のフラットケーブルではちょっと短く感じることがある。ということで長いフレキケーブルを買ってみた。

Aliexpressが一番安い感じで、とりあえず30cmと2Mのフレキケーブルがだいたい同じ値段で売っていた。
今の環境では30cmが扱いやすい感じの長さなんだけど、値段が余り変わらなかったのでつい2mをポチってしまった。CSIインターフェースってこんなに延長しても使えるのか気になったので…


とりあえずこんな小さい箱に入って届いた
通常2mのケーブルとか買ってもこんなに小さくはならないよなぁ


さすがフレキケーブル、だいぶコンパクトに入っていただけでスペック通り2mありそう。


早速ラズパイとカメラモジュールをつないでテスト。
普通にmjpg-streamerでも問題なく動いた。フレームレートにも影響はなさそうな感じ。

さすがに2mは長すぎるけど、付属の15cmよりはだいぶ作業性が良くなった。
しかしCSIインターフェースってこんなに伸ばしても大丈夫なもんなのねぇ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

Xiaomi Redmi Note 5をroot化してみた

というわけでXiaomi Redmi note 5が届いてからちょっとしか使ってないけど早速root化してみた。 手順としてはにTWRPをいれてバックアップした後、Magiskをインストールするとroot化できるらしい? AndroidのROM焼きはすごく久しぶりなので全くわ...