2018年3月24日土曜日

Raspberry Pi CameraでSマウントのレンズを使ってみた。

Raspberry Pi Camera V1の互換モジュールでいろいろ遊んでみてたんだけど、レンズのピントを調整するときにレンズに傷をつけてしまった…
ということでレンズを交換してみようと思います。

まぁ互換モジュールはお安いのであまり痛手ではないのですが、レンズを替えたらまた面白いことに使えるんじゃないかということで。

とりあえずWebカメラとかではそこそこ使われてるM12×0.5のSマウントレンズを試してみることに。やすいし。
ちなみにレンズを外すとこんな感じ。
ここにSマウントレンズを取り付けられるようにレンズマウントをつけます。

フラットケーブルがあるので、加工しやすいように樹脂製のものを購入。
穴ピッチがちょうど良さそうなやつが2個で2ドルぐらいでした。
ガラス入り樹脂っぽくて結構硬かったのですが、とりあえずフラットケーブルを避けるぐらいのスリッドを入れます。でかすぎると光が漏れるので慎重に…

裏側からネジ止め。結構穴の近くに部品やパターンがあるので樹脂のスペーサーをつけました。

簡単に行くと思いきや…
最初からこの穴位置がなんか中心からずれてると思っていたけどやっぱりずれてる…
そのままでも一応使えたりするんだけど、レンズによってはダメそうなのでネジでの固定ではダメそう。純正モジュールだと良さげな位置なのになぁ

というわけで最終手段ホットボンドで固定。裏から見たらネジの半分ぐらいずれてました。
今回はとりあえず多少光が漏れたりするのは気にしないことに。そもそも基板自体が遮光されてないし。

肝心のレンズですが、一応2.8mmと3.6mmを用意しておきました。どちらも1ドルちょい。ともにF2.0でCMOSサイズ1/3で画角90°らしい。
Raspberry Pi CameraはCMOSサイズが1/4なので画角は90°より狭くなりそう。

とりあえず2.8mmの方は問題なく使えるんだけど、3.6mmの方は最大限にねじ込んでも10mmぐらいのところじゃないとピントが合わないのでマクロレンズみたいになってしまった。
M12のレンズはCCTV用で結構お安いのが手に入るのでいろいろ買って試してみようかなぁ

そういえばもともとのレンズより画質が良くなったように感じるんだけどやはりレンズの差って大きいのかな

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

Raspberry Pi Cameraで長いフレキを使ってみた

Raspberry Pi Camera上でレンズで遊んでいるとどうしても付属のフラットケーブルではちょっと短く感じることがある。ということで長いフレキケーブルを買ってみた。 Aliexpressが一番安い感じで、とりあえず30cmと2Mのフレキケーブルがだいたい同じ値段で売っ...