2017年12月17日日曜日

Lightning - USBカメラアダプタの互換品を買ってみた

たまにiPhoneにカメラをUSBで繋いで画像を取り込みたくなることがあるんだけどLightning - USBカメラアダプタの純正品は高い…
ということでためしにeBayで安いやつを買ってみた。
Lightningコネクタは認証を取ってないケーブルによくある、一体成型じゃないやつ。
USBポート側は純正より丸い感じ。全体的に安っぽいんだけど、実際安い。
これで160円ぐらい。純正品が3200円なので超お安い…

非純正でよくあるのがiOSのアップデートで使えなくなるというやつ。
しかもこいつはiOS9以上対応とか大雑把にしか対応情報が書いてなかった。

とりあえず最新のiOS 11.2.1にアップデートしたiPhone SEで試してみた。
身近にあったUSBメモリを指してみるとこんな状態。
どうやらこの"アクセサリは使用できません。"ではないので問題なく使用できそう。
"接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます。"というエラーは純正ケーブルでもいろんなデバイスで発生するようなので問題ない。
USBカメラアダプタの仕様上、100mAとか200mAを超えるデバイスは使えないようなのでその場合はセルフパワーのUSBハブを使うしか無いみたい。
USBデバイスの消費電力情報を読んで判断してるようなので、USB給電ケーブルとかを使ってもだめっぽい。

ちなみにUSBキーボードは使えたのでこのケーブル自体には問題なさそう。

このケーブルに使えるカードリーダーが手持ちになかったので、iPadをiPhoneに繋いでみた。
すると取り込みボタンが表示された!
iOSデバイスをこのケーブルでつなぐと消費電力を100mA以下に抑えるために充電モードにはいらない様になってるのかな。
とりあえずこれでiPadの画像をiPhoneに取り込むことができた。

他にもUSB DACなど、iOSが対応してればいろんなUSBデバイスが使えるらしいので試してみようかな。
160円ならOSアップデートで使えなくなっても問題ないかな。

100mA以下のSDカードリーダー探さないとなぁ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

USB Type-C対応のSATA変換基板買ってみた

USB3.0からSATAに変換するアダプタとしてJMicronのJMS567のドングルを使っていたんだけれども、光学ドライブが使えないので試しにVIAのVL716搭載の基板を買ってみた。 Type-A→Type-C変換ケーブルもついてきた これでeBayで680円ぐら...