2017年10月29日日曜日

PX-BCUDをRaspberry Piで使ってみた。

だいぶ前に買ったUSB接続のBS/CSチューナー、PX-BCUDをいつのまにかLinuxで使えるようにしてくれた人が居たようなのでためしにRaspberry Pi 3 Model Bで試してみた。

さらにRaspbianの最新バージョンだとモジュールが組み込まれているのでUSBに接続するだけで認識するみたい。

こんな感じでモジュールが勝手に読み込まれてた。

B-CASリーダとして使っていたSCR3310-NTTComもLinux対応だったのでこいつも普通に認識してそうな感じ。

あとは録画ツールの準備。
PX-BCUDではrecpt1の派生であるrecdvbで使えるようにしてくださってる人がいるのでそれを使うことに。
デフォルトではtsの復号化をしてくれないのでB-CASカードでtsを復号化してくれるようにlibarib25も必要。

まずはlibarib25のセットアップ。

カードリーダを使うためのライブラリとcmakeを入れる。

sudo apt-get install cmake libpcsclite-dev

libarib25をダウンロードして解凍

wget https://github.com/stz2012/libarib25/archive/master.zip -O libarib25.zip
unzip libarib25.zip

libarib25をmakeするためのディレクトリに移動してmakeしてinstall

cd libarib25-master
cmake.
make
sudo make install

次にrecdvbをセットアップする
recdvbは派生が色々あるようだけど今回はdogeel版を使用してみた。

recdvbをダウンロードして解凍

wget https://github.com/dogeel/recdvb/archive/master.zip -O recdvb.zip
unzip recdvb.zip

recdvbをlibarib25を有効にしてmakeしてinstall
cd recdvb-master
sudo apt-get install autoconf
./autogen.sh
./configure --enable-b25
make
sudo make install


これで一通りの準備が整った…ハズ。

カードリーダーにB-CASを差し込んで(例によって差し込む向き注意)テストしてみる。
recdvbにはネットワーク越しでVLCでテレビを視聴できる機能もあるのでこの機能で見れるか試してみた。

recdvb --http 8080 --b25 --strip
これでRaspberry Piのポート8080に接続すると復号化された映像をVLCから再生できる。

クライアントのPCにはVLCをインストール。iPadのVLCアプリでも可能だった。
メディア→ネットワークストリームを開くから
http://ラズパイのIP:8080/チャンネル
という形でアクセスするとテレビを視聴できるはず。
チャンネルはrecdvb -helpで一覧を見ることができる。
例えばラズパイのIPがで192.168.0.2のBS11を見たい場合は
http://192.168.0.2:8080/211
をVLCから開けば再生できるはず。

とりあえずLinuxで使えることが確認できた。
Chinachuとかを使えば低消費電力な録画サーバーの構築とかもできそうだなぁ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

2.1chのデジタル入力付きアンプ基板を買ってみた。

知り合いの2.1chスピーカーのノイズがひどいらしいのでアンプを交換してみようということでeBayを探していたら光入力やBluetoothが入っているアンプ基板が4ドルで売っていたので買ってみた。 Bluetooth Receivers Module 2.1Channel H...