2016年5月29日日曜日

PhotoVision TV 202HWをSIM無しで使う

友人宅に遊びに行ったら202HWがあってフルセグ見ても全画面で表示されないと…

前にこの機種が安値で大放出されていた時になんか改造法があった気がしたので借りて来た。
3G対応でワンセグ、フルセグが見れるフォトフレーム?
このサイズのテレビは作業用に便利かも。

電源を入れてみると3Gにつながらないというエラーがずっと左側に出てテレビの画面が小さいよ…
確かにこれだと使いにくいなぁ

本体のバージョンはα24.1なので改造対策版の模様。
このバージョン以降だとシリアルコンソールからの改造になるっぽい。

とりあえず分解
後ろのカバーは下の方に溝があるのでそこにギターのピックとかを突っ込んで全体的に爪を外していくと外れる。
その次に大量のネジが出てくる…(防水だからかな?
ネジを外したら液晶側が取れてくるのでケーブルを外して分離する。
こんなところにUSB端子が隠れてるようなんだけどこのバージョンだと封じられてるのよね
とりあえずスピーカーの線をハンダゴテで外して、基板のネジを全部緩めて基盤を外す。
裏側にシリアルコンソールの場所があるので細いケーブルをはんだづけした。
グレーがTXで緑がRXだった気がする…

ハンダ付けが終わったら今度はapkの準備。
photovision_tv_function_unlocker.apkをGithubからダウンロードしてくる。
そして適当なSDカードの直下に入れて202HWに挿しておく。

このまま起動してみたけどシリアルコンソールを見てるとバッテリエラーでなかなか立ち上がらなかったので、基板をケースに戻してバッテリを繋いで起動してみた。
とりあえずUSBシリアル変換モジュールでボーレートを115200にして待機しながら起動。正常に繋がってればなにか表示されるはず。

起動したら
シリアルコンソールから
pm install /mnt/sdcard2/photovision_tv_function_unlocker.apk
とコマンドを送る。
これで先ほどSDカードに保存したapkファイルがインストールされるはず。
successと出れば完了。
本体のメニューを開いてずっと下の方にスクロールしていくと次の画面に行くので
このメニューを選択してOKを押すとテレビのフルスクリーンを有効にするか無効にするか選択できる。
これでフルスクリーンでテレビが見れるようになった!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...