2015年6月14日日曜日

WZR-1166DHPを買ってみた。

 最近無線LANが調子悪いということで無線LANルータを交換してみた。MBPが11acに対応してるのでとりあえず2ストリームのWZR-1166DHPを買ってみた。
実際MBPは3ストリームまで対応してるんだけど、ちょうどAmazonでやすかったので…

前にルータを買った時はBuffaloのルータのスループットがあんまり早くなかった気がするんだけどだいぶ速くなってたので今回はBuffaloに。
DD-WRTも入るしね。(というかDD-WRT入れるつもりで買ったんだけど
内容物はこんな感じ。

WZRシリーズはオールギガビットの模様。そしてUSB3.0ポートがついてる。
通信BOXからWR8370Nを取り外そうとしたら落っこちてきたし…
ちなみにこの通信BOXには最初100BASE-TのLANハブが入っていた。
そんでもって途中から200Mbpsの光回線に切り替わって幹線が1Gbpsでつながるようになったので今回もギガビット対応のルータということ。

WZR-1166DHPは結構大きめだしACアダプタが微妙に入れづらかった。
付属のネジとタイラップで何とか固定…


3年ぶりにルータ交換ということもあってだいぶCPUが進化してる模様。
ルータでデュアルコアの800MHzだしねぇ
DD-WRT入れたら面白そうだけど、とりあえず純正ファームを2.03から2.13にアップデートした後、初期化してから使用してる。
電波強度も速度もマンソンでは問題ない感じ。もともと有線で80Mbpsぐらい出てたけど、無線でも同じぐらい出るようになったので満足。

設定画面のデバイスコントロールが面白い。どのデバイスがどのぐらい帯域使ってるのかがわかるっぽい。QoSとかもついてるし、とりあえず純正ファームで使ってみようかなぁと。
まぁ7580円でBroadcomチップの2ストリームが手に入るならだいぶ安いんじゃないかなぁ
ちなみに2はペアレンタルコントロールがついたぐらいなもんなので、安い2じゃない方買って正解だったかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...