2015年4月5日日曜日

CJMCUのクリスタル交換

意外とCJMCUは乱暴に飛ばしても壊れにくいのですが、裏面にある8MHzの水晶発振子が片方折れてしまったので交換してみた。
裏面の水晶発振子は地味に出っ張っててバッテリ装着時に邪魔だったりしてたんだけど
墜落時にバッテリに押されて壊れた?

さて、このままでも動いているものの、もう片方もそのうち取れそうなので交換することに。また外れるのが嫌なので反対側に取り付けてみようかなと。
しかし基板の表面にはもうすでに表面実装部品が実装されてるのでハウジングとショートしないようにカプトンテープで絶縁した。
そんでもって表面に表面実装コンデンサの上から取り付け。
表面はあんまりじゃまになるものがないかも。
裏面がすっきり!
これでバッテリの装着も楽になったかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...