2015年3月6日金曜日

小型クアッドコプタ CJMCUにCleanflightを書き込む

この前注文した小型クアッドコプタの部品がやっと届いたのでまずはフライトコントローラ兼フレームのCJMCUにファームウェアを書き込むことに。
今回届いたボードはバージョン2のようで、Boot0のジャンパピンが搭載されていた。

このボードはシリアルポートしか搭載されてないので別途USB→TTLアダプタなどが必要っぽい。
とりあえずRX1,TX1,5V,GNDを変換ボードと接続。ボードのチャージスイッチはPOWにセットしておく。オンオフスイッチは関係なさそう。そしてBOOT0のジャンパピンは抜いておく。
そしてPCに接続すると電源LEDが点灯する。
Cleanflightの設定ツールをCrome ウェブストアからDLして起動
Firmware FlasherでCJMCUを選択してLoad Firmware[Online]ボタンを押す。
するとファームウェアのダウンロードが開始されて、少しすると変更履歴表示される。
この状態でファームウェアを書き込む準備ができたので、一番左上でシリアルポートを選択して、No reboot sequenceとFull Chip Eraseにチェックを入れて一番下までスクロールしてFlash Firmwareボタンを押す。
そんで一番上に緑色でSUCCESSFULと出たら完了!
あとはBOOT0ジャンパを接続してもう一回起動してみるとファームウェアが起動して青色LED(と赤色LED)が点灯するはず。
そんでCleanflightの設定ツールからConnectするとボードの設定や状態が確認できる。

ファームウェアのアップデートの際もBoot0ジャンパを外す必要はない模様。ファームウェアが完全に起動しなくなった時はBoot0ジャンパを取り外してもう一回焼いてやれば復活するかも。

次回はレシーバとモータの取り付けかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

Raspberry Pi Zero Wを買ってみた

ようやく技適が取れて、日本でも発売になったRaspberry Pi Zero W。 スイッチサイエンスで発売開始から1時間53分格闘したところなんとか購入できた! というわけで今日届きました。 スイッチサイエンスだとメール便で送ってくれるので送料が安くて良い。 ...