2015年2月20日金曜日

小型クアッドコプタを作ろうかなと

まえからHobbyKing Pocket Quadが欲しくて在庫をたまーにチェックしてたんだけど復活する様子がない…
というかもうないのかなぁ…

中身がMultiWiiっぽいので付属の受信機使わずに別な受信機つけて遊べそうだったので狙っていたのだが。

そんでもってeBayとか巡っていたら
Micro Quadcopter Flight Driver Controller 9DOF 9-Axis Al Sensor STM32F103
ってな具合でなんか面白そうなフライトコントローラを発見。しかしファームウェアもよくわからんし詳細もよくわからん…
中身的にはマイコンがSTM32F103、6軸ジャイロがMPU6050、磁気センサとしてHMC5883Lが搭載されている模様。
品番がないから探しにくいんだけどCJMCUってところの基板らしい?

CJMCUっていうキーワードがわかったところでMultiWiiベースのオープンソフトファームウェアのbaseflightをこのボードで動かしてる人がいてさらにbaseflightの派生のcleanflightがこのボードをサポートしてるらしい!

しかしこのボード、もともと何用だったんだろ…
一応ブートローダは入ってるようなのでシリアル接続でファームウェアを転送できる模様。

モータはφ7mmのDCモータ対応。バッテリは1S対応らしい。レシーバはファームウェアによるところがあるけど。

とりあえずCleanflightで飛ばせそうなので部品をポチってみることに。このボードはGoodluckbuyでも売ってるようだけどeBayでポチった。
モータは7mm Hollow Cup Motor For Hubsan H107L Upgraded Versionにしてみた。なんか強そうだし…
バッテリはV930用のアップグレードバッテリで520mAh。ペイロードがどのぐらいあるのかよくわからないからとりあえずこれにしておいた。もしかしたらもっと小さいほうがいいのかも?
ファームウェアを書き込むためのUSBシリアル変換アダプタは持っているのでとりあえずこれだけで作れそう。

とりあえずまずは飛ぶかどうかをみてからレシーバ選定しようっと。
しかしいま中国休みなのでいつ届くのだろうか…

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

DuinoFun UHS miniを買ってみた

Arduino用のUSB Host ShieldのArduino Pro mini版のクローンを買ってみた。 Circuits@Homeの USB host mini  r1.0のコピーっぽい?MAX3241Eは3.3V駆動なので、レベル変換がついてないUSB host ...