2015年1月17日土曜日

WT3020のUSB速度低下問題

OpenWRTを書き込んだりNAND Flashを16MBに増設したりしてきたWT3020だけど、なんかUSBメモリの読み書きが遅い気がする…

ということで調べてみたらどうやらハードウェアの問題の模様。
中国のフォーラムでは余計なコンデンサが付いているとの報告が。
ここを見るとMT7620N搭載の他のルーターでも同じようにコンデンサが付いているものがあるようで、データシートにはこのピンに関してはそのような説明はされてない模様。

CPUの左上に抵抗と並んでくっついてるコンデンサが問題のやつ。

外すと通常のレベルまで高速化するようなので外してみた。
場所はCPUの左上のほうに抵抗と並んで取り付けてあるので、抵抗を外さないようにうまくハンダゴテを当てると外れる。

片方がグラウンドパターンに乗ってる?熱が入りにくくて外れにくい。

これを取り外したらUSBメモリはもちろんのこと、USBカメラでmjpg-streamerを使ってのストリーミングで1280x720の25FPSとかでも普通にスムーズに動くようになった。
今のところ問題も起きてないし、データシートに乗ってないってことは要らないんだろうけど基板の設計ミスとかなのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

DuinoFun UHS miniを買ってみた

Arduino用のUSB Host ShieldのArduino Pro mini版のクローンを買ってみた。 Circuits@Homeの USB host mini  r1.0のコピーっぽい?MAX3241Eは3.3V駆動なので、レベル変換がついてないUSB host ...