2014年11月25日火曜日

WT3020Hを分解してみた。

軽く動作確認をして問題なかったのでとりあえずバラしてみた。
WT3020にはネジがなく、ただはまってるだけなんだけどこれが硬い…
MediaTekのMT7620Nが乗ってます。SPI FLASHはOpenWRTのWikiだとWinboundのW25Q64BVってなっていたけどこれにはEONのEN25Q64が乗ってました。
8MB(64Mbit)ですねぇ
SPI FLASHの刻印読めなかったのでシリアルコンソールつないでbootlog見ました…

裏面はDRAM64MBが乗ってます。

そこそこのスペックですなぁ。

ちなみにシリアルコンソールは一番上の写真で言うとCPUの右上にあるパッドで、右側がTX、左側がRX。
baudrateは57600らしい。

とりあえずOpenWRT化する前にどうにかSPI FLASHをバックアップしておきたいなぁ


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ニンテンドースイッチでキーボードとマウスを使う

前回Coov N100でオプションのCoov HUB K4を購入すればキーボードとマウスが使えるという話をしましたが、友人用に代理購入してみた。 スイッチはもともとキーボードを文字入力用とかには使えるみたいだけど、このアダプタを使ってつなぐとゲームの操作に使用できるようになる。...