2014年11月25日火曜日

WT3020Hを分解してみた。

軽く動作確認をして問題なかったのでとりあえずバラしてみた。
WT3020にはネジがなく、ただはまってるだけなんだけどこれが硬い…
MediaTekのMT7620Nが乗ってます。SPI FLASHはOpenWRTのWikiだとWinboundのW25Q64BVってなっていたけどこれにはEONのEN25Q64が乗ってました。
8MB(64Mbit)ですねぇ
SPI FLASHの刻印読めなかったのでシリアルコンソールつないでbootlog見ました…

裏面はDRAM64MBが乗ってます。

そこそこのスペックですなぁ。

ちなみにシリアルコンソールは一番上の写真で言うとCPUの右上にあるパッドで、右側がTX、左側がRX。
baudrateは57600らしい。

とりあえずOpenWRT化する前にどうにかSPI FLASHをバックアップしておきたいなぁ


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...