2014年8月5日火曜日

SJ4000で長時間録画

SJ4000で使えるmicroSDは32GBまでとなっているのでつまりmicroSDHCまで…
ということはFAT32フォーマットなのでひとつのファイルが4GBまでしか扱えない。しかしどうやらSJ4000自体はSDXCの標準フォーマットであるexFATが使えるようなのでmicroSDHCをexFATでフォーマットして使用してみた。

OSXではディスクユーティリティーを開いてexFATを選んでフォーマットできた。
とりあえず8GBのmicroSDを使用しているのであんまり意味がなさそうだけど、32GBのmicroSDとかならexFATでフォーマットする意味は大いにありそう。

ちなみにファームウェアアップデートとかをするときは不具合が出る可能性があるのでFAT32に戻したほうがいいかも。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...