2014年8月31日日曜日

GA-250のプログラミングカードを作ってみた。

せっかくOlliwファームウェアを書き込んだGA-250だが、PC接続ケーブルでなかなか認識してくれない…
新基板の場合1N4148をTxO側にアソードを向けてパラに入れるといいってなってたけれどもダメだった…

というわけでPCでの設定を諦めてプログラミングカードを作ることに。
ESC用のプログラミングカードを改造するという手もあるみたいだけど手に入れやすいし安いArduinoを使用することにした。
Arduinoは前回作った秋月のArduino互換基板を使用。LCD ShieldはeBayで500円ぐらいだった。
プログラミングカードのファームウェアはジャイロのファームウェアと一緒に入っている。
ProgBox_v014c_ArduinoShield_m328p16mhz.hex
を使用した。
ArduinoでHexファイルを書き込むためにXLoaderを使用した。
これを使用するとArduino用のファームウェアがHexで提供されていても書き込むことができるっぽい。
GA-250との接続はGA-250側はサーボを接続するメスコネクタを使用する。
Arduino側はD0とD1を束ねて使用する。
というわけでArduino側にオスコネクタを取り付けた。

電源を入れるとGA-250を認識する。
ついでにファームウェアのバージョンも表示される。
左右ボタンで項目を選んで上下で設定する。
こんな感じ。

これで簡単にジャイロの設定が変更できる!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

Raspberry Pi Zero Wを買ってみた

ようやく技適が取れて、日本でも発売になったRaspberry Pi Zero W。 スイッチサイエンスで発売開始から1時間53分格闘したところなんとか購入できた! というわけで今日届きました。 スイッチサイエンスだとメール便で送ってくれるので送料が安くて良い。 ...