2014年8月31日日曜日

GA-250のプログラミングカードを作ってみた。

せっかくOlliwファームウェアを書き込んだGA-250だが、PC接続ケーブルでなかなか認識してくれない…
新基板の場合1N4148をTxO側にアソードを向けてパラに入れるといいってなってたけれどもダメだった…

というわけでPCでの設定を諦めてプログラミングカードを作ることに。
ESC用のプログラミングカードを改造するという手もあるみたいだけど手に入れやすいし安いArduinoを使用することにした。
Arduinoは前回作った秋月のArduino互換基板を使用。LCD ShieldはeBayで500円ぐらいだった。
プログラミングカードのファームウェアはジャイロのファームウェアと一緒に入っている。
ProgBox_v014c_ArduinoShield_m328p16mhz.hex
を使用した。
ArduinoでHexファイルを書き込むためにXLoaderを使用した。
これを使用するとArduino用のファームウェアがHexで提供されていても書き込むことができるっぽい。
GA-250との接続はGA-250側はサーボを接続するメスコネクタを使用する。
Arduino側はD0とD1を束ねて使用する。
というわけでArduino側にオスコネクタを取り付けた。

電源を入れるとGA-250を認識する。
ついでにファームウェアのバージョンも表示される。
左右ボタンで項目を選んで上下で設定する。
こんな感じ。

これで簡単にジャイロの設定が変更できる!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...