2014年8月21日木曜日

Hobbyking X-Car 120Aのファームウェア書き換え

昨日届いたHobbyking X-Car 120Aのファームウェアを書き換えて、ターボを有効にしてみた。

というわけでHobbywing USB Linkソフトウェアをダウンロードしてきて
USB書き換えツールでESCとPCをつなぐ。
ESC側は逆指しできてしまうので注意かも

Hobbywing USB Linkソフトウェアを立ち上げてESCの電源を入れると自動的に認識する。
認識するとBasicとAdvanceとFirmware Upgradeタブが使えるようになる。

書き換え前のBasic設定
書き換え前のAdvance設定
Firmware Upgradeタブでファームウェアを書き換えることができる
いろいろファームウェアが選べるがよくわからないのでとりあえずv3.0系のSTOKを書き込んでみた。

するとAdvance設定の項目が増えた!
これでHobbywing XERUN 120A v2.1化完了っぽい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...