2014年8月30日土曜日

秋月のArduino互換基板を使ってみた。

GA-250ジャイロのプログラミングカードを作るためにLCD Shieldを使いたかったんだけど持ってるArduinoが小さいのばっかりだったので標準サイズが欲しくて作ってみた。

しかし秋月のFTDI基板を使うと高くなるのでeBayのFTDI基板を使用することに。
これによりだいぶローコスト化に成功。
電源周りも部品端折ってます…
USB電源だけでいいのでw

裏側はこんな感じ。ちょうどFTDIの基板から3.3V取れるパターンが穴のところにかぶっていたのでなんか穴の中からジャンパー飛び出てる。
いやーこのFTDI基板が300円という激安っぷり。
ちゃんとFT232RLです。

しかしこの基板だとBit-Bangでファームウェア書き込むことができないかも。
今回は別なArduinoからOptifixを書き込みましたー
Arduino IDEではUNOとして使えるのかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

DuinoFun UHS miniを買ってみた

Arduino用のUSB Host ShieldのArduino Pro mini版のクローンを買ってみた。 Circuits@Homeの USB host mini  r1.0のコピーっぽい?MAX3241Eは3.3V駆動なので、レベル変換がついてないUSB host ...