2014年8月30日土曜日

秋月のArduino互換基板を使ってみた。

GA-250ジャイロのプログラミングカードを作るためにLCD Shieldを使いたかったんだけど持ってるArduinoが小さいのばっかりだったので標準サイズが欲しくて作ってみた。

しかし秋月のFTDI基板を使うと高くなるのでeBayのFTDI基板を使用することに。
これによりだいぶローコスト化に成功。
電源周りも部品端折ってます…
USB電源だけでいいのでw

裏側はこんな感じ。ちょうどFTDIの基板から3.3V取れるパターンが穴のところにかぶっていたのでなんか穴の中からジャンパー飛び出てる。
いやーこのFTDI基板が300円という激安っぷり。
ちゃんとFT232RLです。

しかしこの基板だとBit-Bangでファームウェア書き込むことができないかも。
今回は別なArduinoからOptifixを書き込みましたー
Arduino IDEではUNOとして使えるのかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...