2014年1月24日金曜日

H67S-B3を修理したのでCPUをポチって見た。

というわけで先日Raspberry PiによってBIOS復旧したFoxconnのH67S-B3用にポチっていたCPUが届いた。
Intel Pentium G2030
ちなみにH67Sの動作確認リストにはG2020しか乗ってなかった!
でもこっちのほうが安かったし…

とりあえず書き込んでたUEFIはなぜか最新じゃないC33F1P01だった…
DLするときミスったかな…
ファイル名BIOS.BINに変えてRaspberry Piに転送したから気が付かなかったが一応起動したw
つまりBIOS復旧成功である!
てか成功してなかったらCPU買った意味ねーし!
まぁテスト用だから安いCPU買ったんだけどね…それでも高いよね…

というわけでUEFIが最新じゃなかったのでとりあえず最新に書き換え。
H67SのBIOS更新は面倒なようで、なぜかMFGジャンパを切り替えて更新しないと失敗するらしい?
ってかたぶん知り合いもこれをやらないままBIOS更新して失敗したんだろうなぁ…
最近のマザーはUEFIだけでアップデートできたりするけどこいつにはそういう機能がなさそうでジャンパ変えたりするのも面倒だったのでBIOSチップごと抜いてまたRaspberry Piで書き換えたw

C33F1P02に書き換えたらこうなった!
見違えるように綺麗!
ってか無駄に綺麗だよ!
文字の色考えてよ。設定しにくいよ…
どうやら白文字になった状態が選択状態らしい。
黄色文字になった時に選択状態だろ普通!

このバージョンからWin8対応らしい。
Win8のUEFIブートに対応するためなのかな?


まぁとりあえず無料でマザーが手に入ったから儲けもんだな…

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post