2014年1月26日日曜日

クワッドローター自作したいなぁ

V-ONE Rで遊んでいた時にV911っていうヘリを持ち込んでいた人がいてやらせてもらったらこれがなかなか面白くて空ものがほしくなってしまった…

そこで前々から興味があったクワッドローターの自作についてちょっと調べてみた。
普通のヘリコプターよりも飛ばしやすいだろうという安易な考えだが
海外サイト読んでるとそこそこ簡単に飛ぶものが作れるようで。
フレームも自作してる人いるみたいだけどとりあえず部品買い集めればとりあえず飛びます的な感じで見ていたが結構奥が深かったぞ…

安くそこそこのもの作れないかなーと思って海外フォーラムを参考にしながらホビキンで探してみた。
まぁメモ程度に


まずフレーム。
F330っていうのがそこそこ小さくてよさそう。
モーター中心の対角が330mmあるようです。
DJIのF330のパクリ品?
本家だとフレームに各ESCへの配電用パターンがあるようだが

モーター
搭載重量とか電圧にもよるみたいだけど上のフレームだと3S 2200mAのLi-Poと1000~1500kvのモーターの組み合わせあたりでいいらしい?
軽く計算するとこのサイズだと1000kvと20AあたりのESCで飛ぶんじゃね?
ってことでTurnigy 1100kvあたりかなぁ

ESC
モーターが決まったところで18Aでもいいんだろうけど20~25A狙いで。
なかなかESCの選択が重要らしくてレスポンスに影響してくるらしい。
制御マイコンにAVRを使ってるモデルだとSimonKファームウェアなるカスタムファームウェアが存在しているようで、そこそこの安いESCを買ってSimonKファーム書き込めばいいかなということで
Turnigy Multistarあたりがいいかな?BECがスイッチングなのがちょっと気になるけど…

フライトコントローラー
マルチローターはフライトコントローラーを搭載するのが基本のようで、これまたいろんな種類があるようだけど今回は安値でカスタマイズが面白そうなMultiWiiがいいかな?と
Arduinoベースのようでとりあえず10DOFなMicroWiiってやつあたりかな?

あとバッテリーは手持ちの3Sの2200mAhあたりがそのまま使えそう。
プロペラとかケーブル類とかもろもろは結構お安いな。プロペラは8045あたりかな
本体はこんなもんでプロポがこれまた高い…

ホビキンのTurnigy 9XにJR用のFrSky DJT送信機モジュールを使うのがなかなか安そう。
ってかモジュール交換可能プロポのわりに安すぎるだろ…
ちなみにTurnigy 9XもAVRマイコンなのでこいつもファームウェア書き変えられるっぽい。

なんかATMEGAシリーズのオンパレードだな…
とりあえず軽くホビキンで見積もってみたら本体だけで150ドルぐらいかな
しかし今のところバックオーダーが多いなおい…
時期的なものなのかな?

バックオーダーのものを頼むとだいぶ待たされるからバックオーダーのやつは避けたいなw
在庫あるのはそこそこ早いんだけどなぁ


あ、ちなみにフォーラムとか参考にしてるとはいえこの構成で飛ぶとは限らないのでご注意。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...