2011年9月20日火曜日

La Fonera+にFreeWLANを入れてみた

FreeWLANはFONのプラグインでFONにいろいろな機能を追加することができる。普通のLa Foneraでは結構簡単に入れられるけどLa Fonera+(FON2201)に入れるのはなかなか面倒だった。

普通のFONとの違いはWANポートのほかにLANポートが付いてるということぐらいだと思っていたがファームウェアも全く違うものだった。

とりあえずSSHを使えるようにするために初期のファームウェアに戻した。FONはネットにつないでいると自動的にファーウェアを更新する機能があるのでネットにつないでいたFONにFreeWLANを入れるにはまず初期のファームに戻す必要が出てくる。

今回は前にDD-WRTを入れたあとに純正ファームに戻した時の方法を使用した。この方法では強制的に1.1.1r1に書き換えることができるのでバージョンを下げたいときにも使えるし、起動しなくなったときにも使える。(Redbootが動くけどファームウェアが読み込めない状態限定だけど)

Fonera+を純正ファームに戻してみた

そしてファームウェアをダウングレードしたらFONのWANに何もつながない状態でLANをPCにつないでhttp://192.168.10.1にアクセスしてバージョンが1.1.1r1になってるか確認する。

今度はSSHを使えるようにしなければいけない。

SSHを使えるようにするためのimage.binをダウンロードしてきてPoorTFTPなどでTFTPサーバーを立てる。
puttyで192.168.1.1のポート9000にTelnetでつなぐ準備をしたら
PCと電源を切った状態のFONを直結し、PCのIPを192.168.1.254に固定する。

コマンドプロンプトを出して
ping 192.168.1.1 -t
をしたままFONの電源を入れてPingが通った瞬間にさっき用意しておいたputtyの接続ボタンを押す。

Redboot>と出たら次へ。
でなければ電源を入れるところからやり直す。

TFTPサーバーが立っていて設定したディレクトリにimage.binが入ってることを確認したら

load -r -b 0x80100000 image.bin
fis write -b 0x80320000 -f 0xa8260000 -l 0x003f0000

を実行する。結構時間がかかるので待つ。
おわったら

reset
で再起動する。

そしてFONをネットにつながない状態でPCからSSHで192.168.10.1につないでみる。この時さっきPC側で固定したIPをDHCPに戻すのを忘れずに。

SSHでつなぐのが成功したらWinSCPなどを使ってSCPで192.168.10.1につないで/tempにfwlan094-2201.tgzを転送する。
そしたらSSHでつないで

killall fonstate fonsmcd watch_chilli chilli httpd
cd /tmp
tar -xzv -f fwlan094-2201.tgz -C /

とコマンドを打つだけ。この時最後のコマンドを打つとファイルを解答し始めるのだが、これが以外と時間がかかるので根気よく待つ。
そして終わったら

reboot

と入力しエンターを押すと再起動する。

これでFONにFreeWLANが入ってるはずである。

なかなか手順を踏まなければいけないけどこれでFonera+にもFreeWLANを入れることができた。

もしどこかでミスって起動しなくなってしまった場合は

Fonera+を純正ファームに戻してみた

の方法で簡単に元に戻すことができる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

DuinoFun UHS miniを買ってみた

Arduino用のUSB Host ShieldのArduino Pro mini版のクローンを買ってみた。 Circuits@Homeの USB host mini  r1.0のコピーっぽい?MAX3241Eは3.3V駆動なので、レベル変換がついてないUSB host ...