2011年5月26日木曜日

16ポートのギガビットハブを使ってみた。

食男がハブほしいというのでいろいろ探して回るとPCNETとかには普通に100円で100BASE-Tのハブがごろごろ転がっていたw
最初は業務用とかのNETGEAR製の16ポートハブが100円だし動かせそうだから買おうとしたら食男がガム付Buffalo LSW-GT-16NSRが普通に300円だったのでこっちを勧めたw

ACアダプタのハブはACアダプタのほうが高かったりするから電源内蔵でこの値段はいいね。
ギガビットだしw
とりあえずAUTO-MDIXがついててJamboFlame対応だったので性能的には問題ない。

電源をつけてみるとうるさいw
これはファンの回転数をコントロールしないとまずいな

そして鯖用の2ポート目用のLANカードはじゃんぱらにあった100円のギガビットLANカード

400円で結構高性能な鯖が出来上がったw

ちなみにハブは全部のポート使ってみたけど全ポートギガビットでつながったので問題なかった
じゃんくはあたるとおいしいな…

ちなみにあとから調べてみたんだけどこのギガハブは結構いい奴だったみたいね。
Broadcom製のチップ搭載で日本製コンデンサ使用とかw
ファンがどうにかなればかなりいいんだけどなぁ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

DuinoFun UHS miniを買ってみた

Arduino用のUSB Host ShieldのArduino Pro mini版のクローンを買ってみた。 Circuits@Homeの USB host mini  r1.0のコピーっぽい?MAX3241Eは3.3V駆動なので、レベル変換がついてないUSB host ...