2011年1月20日木曜日

Xbox 360 ワイヤレス コントローラーをPCで使ってみた

PCゲームで推奨コントローラーがXbox360コントローラーだったりするのが結構あるので有線のコントローラーをPC用に買ってたんだけど、断線してしまったようなのでワイヤレスコントローラーをPCで使える受信機を買ってみた。

まぁ断線修理するってのも手だったんだけどイヤホンしながら有線コントローラー使ってると絡まるからワイヤレス使ってみたかったんだよね。

ワイヤレスコントローラーに使われてる規格はMicrosoft独自のものだからMicrosoftからXbox 360 ワイヤレスゲームアダプターっていう専用のレシーバーが出てるんだけど最近売ってないぞ・・・
Amazonでも現在取扱いされてませんってなってるし、コントローラーとセットのものしか売っていないみたいだ。
というわけでeBayで10ドルぐらいで売っていたパチモンらしきものを買ってみた。
安かったからねw
ちなみにこういったコピー品はヤフオクとかにも流れてるけどちょっと高かったり…

パッケージがそれっぽいけどUSB端子がそれっぽくないw

裏面のホログラムシールはパチモン臭い。

ついでにマウスパッドがおまけでついてきた
なんとこれ布のマウスパッド。でもそれほど質感がよくないけど折りたためるから持ち運びに便利。
すごく折り目ついてます…

とりあえずレシーバーをPCにつないでも不明なデバイスとなってドライバを自動検索させても反応がない。

というわけで出品画面にあった方法で手動でインストールしてみる。
まさにこの方法が書いてある時点でパチモンって丸わかりw
まぁ半額だしいいよね

まずMicrosoftからドライバをダウンロードしてくる

ソフトウェアのダウンロード
ここのゲーム用コントローラー製品ソフトウェアから自分のOSに合わせてドライバをダウンロードしてくる。
今回はWindows 7 64Bitで動かしてみるので64Bit対応版をダウンロードしてきた。

そしてとりあえず普通にインストール

純正品だとここで自動で認識してくれるんだけどパチモンはおそらくVID、PIDが違うので強制的にドライバをインストールしてやらないといけない。

インストールが終わったらデバイスマネージャーを開いて
不明なデバイスを右クリックして「ドライバー ソフトウェアの更新」を開く
次に「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します(R)」をクリックして
そしたら「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します(L)」をクリックして「ディスク使用(H)」をクリックして
C:\Program Files\Microsoft Xbox 360 Accessories
と入力してOKを押す。

すると上の枠の中に3種類のデバイスが出るので
Xbox 360 Wireless Receiver for Windows
をダブルクリックして「はい」を選ぶと正常にインストールされる。

これでレシーバーの準備は完了。

あとは360コントローラーの電源を入れて上のちいさな接続ボタンを長押ししてリングが回り始めたらレシーバー側のボタンも長押しすると自動的につながる。

あとは対応ゲームでそのまま使える。

いやぁXinput対応のゲームで設定なしで使えるのは便利だねぇ
あとで有線コントローラーも修理しておこうっと

2011年1月3日月曜日

KTV-FSPCIEでもTS抜きをしてみた

今朝DAVEさんが初売りでかったらしいKTV-FSPCIEを持ってきたので改造だ!
PCIEに指すようにできてるんだけど実際はUSB接続でPCIEバスを使っていないw
つまりPCIEバスは固定用についてるので削ってPCIにつけても大丈夫なんじゃないかな。


今まではKTV-FSUSB2を3台ほど改造したのですが、このFSPCIEは同じ構成なので同じように改造できる。
ちなみにリモコンはついてるけどBonDriverでは対応してないようなので改造するとつかえないっぽい。
もともとFSUSB2N用に開発されたBonDriverだからかな?

今回のバージョンは新型の泡付きだったので削らないといけない。
でもFSUSB2Nと違って端っこに書き込みロック用の抵抗があるのでこれを飛ばせばいい
泡の上のほうのR19の部分をカッターで削ってから抵抗をカッターで飛ばした。
ここら辺は細いパターンが通ってるのでやりすぎるとやばいかも?

そしたらサルベージ配線をしてUSBでつなぐ
R16のチップ側とGNDをつなぎながらUSB接続する。認識したらサルベージ配線は外しておk。
この時USBはマザーボード上のピンヘッダから持ってくるので付属のケーブルでは短い場合があるかも?
そんな時はUSB端子→ピンヘッダの変換ケーブルを使えば楽にできる。

あとはKTV-FSUSB2と同じようにファームウェアを書き換えてやると同じように使える。

何回も書いてるので続きはFSUSB2の記事を参考にしてください(手抜き

・KTV-FSUSB2をBonDriverで使ってみた
・KTV-FSUSB2もう一個改造
・KTV-FSUSB2でTS抜き

このチューナー改造してるたびに記事書いてるから3つもあったよ…

さらにさっき自分用に注文していたKTV-FSUSB2が届いて改造したから5個目だなw
いままでいきなりアンテナ直付改造も一緒に施してきたのでちょっと改造しないで実験してみた。
アンテナ直付改造をしないでおくと受信レベルはなんと22~24dB
そのあとにアンテナ改造をしてからやってみると32~35dB
直付改造するだけでこんなに変わるとはな…
というわけで前回同様ケーブルが出るところをちょっとかっこよく仕上げてみました
ちょっと見にくいので詳しくは上の3つのどれかの記事に書いてあるので興味ある方はそちらを…

Related Post

ESP-WROOM-32の簡易開発ボードを買ってみた

ちょっと前にESP-WROOM-32とピッチ変換基板を買っていたんだけど、 PCに繋いでプログラム書き込んだりなんだりするのが面倒なのでシリアル変換アダプタ付きのピッチ変換基板を買ってみた。 ebayでそこそこ安かったやつを選択。450円ぐらいだった。 シリアル...