2010年9月1日水曜日

GELID GC-EXTREME使ってみた。

マシンの掃除をするついでにCPUグリスも塗り替えてみた。
OROCHIを取り付けると長いドライバーがないとネジまで到達できなくなるので友達から長いドライバーを借りてきた
そしてCPUグリスをふき取るために消毒用アルコール。そして今回使うグリスはサイズのGELID GC-EXTREME

とりあえずCPUクーラーを外したらCPUを取り外して前のCPUグリスを拭きとる。
きれいになったらアルコールで拭き取る。なんかグリスを拭きとっても表面に膜がのこるとかなんとか
ついでにCPUソケットの周りもきれいにしてみた。

そしてグリスを塗るんだけどこのグリス塗りずらい…
こんな感じになってしまった…
付属のヘラで塗ってるのにでこぼこになるw

このグリス難易度高いわ…


しかしアイドル時の温度が3度ぐらい下がったのはすごいわぁ
これもっときれいに塗れれば最高なのかな

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...