2010年6月16日水曜日

自作液晶第二弾! ケース作成編

ケースはアルミとアクリルで製作することに。ねじは超低頭を使用。アルミに超低頭ねじはかっこいいよね

構成は後ろをアクリルで作って(厚いアルミ高かったからw)サイドはL字のアルミ棒を切って作ることに。

アルミ棒のカットはカナノコで簡単に切れるんだけど問題は穴あけ…

電源端子の部分は5.8mmのドリルがあったのでそいつでやったんだけど
D-Sub15の形に穴開けるの大変だったw

とりあえずこんな感じになった
D-Sub15は大きい穴を二つあけてから軽く棒やすりで楕円っぽくしてからドリルで頑張って穴を広げたw
穴を広げるための刃なんて持ってたんだねw 未開封だったけどw
でもドリルだけで整形するのは難しいのでいろんな半円とか丸やすりとかで頑張って形を整えた。

自分でも感動するほどぴったりの仕上がり。いつも適当にやってますすいませんでした。

端子をさしてみたところ
D-Sub15用のネジ穴はどうしようか。つけなくても結構いけそうなんだけどね。


解像度は1280×800。入力端子はD-Sub15で電源は例のGCのACアダプタ(改)を使用。

ちなみに裏はこんな感じ。アクリルの保護シールをまだ外していないため茶色になっている。はがすと透明なアクリルが!
しかしもったいないので当分はこのままでいいや

XBOX360でも使えた。
360の設定に1280×800はないので1280×768にしてみた

あとはOSD用のキーボードを作って搭載しないとコントラストとか輝度とか変えられねぇw

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...