2010年5月3日月曜日

プレイ&チャージキットの中身をeneloopに改造その2

前回はプレイ&チャージキットを分解したときにSANYO製のNi-MHが出てきたんですが

ジャンクのプレイ&チャージキットをケーブル付でeneloop二本と交換してもらったので分解してみた。

話によるとそんなに使ってないのにバッテリーが悪くなったとのこと。自分のはそれなりに使えたので個体差があるのかなぁ
と思いきや
分解してみると…

中身の電池がSANYO製じゃない!なんかGPって書いてある
GPっていうとなんか秋月で見かけたことがあるような…

中身のバッテリーが違うからもちが悪かったのか!
でも容量は同じ2100mAh
ちなみにeneloopはMin 1900mAhなのにふつうにもちがいいんだけどw

というわけで今回もeneloopに交換!

ハンダする面は削らないと半田つかないです。あまりあてるとバッテリーに悪いかもしれない。
というか半田するな!ってバッテリー本体に書いてあるので良い子は真似しないでね!

とりあえず2本をまとめて

 そしてこっち側も同じように半田。

ケースに戻すとこんな感じ。
温度計が立ってしまうのでテープで密着させる
最後に接着剤でくっつけて完成!

というわけでどっちもeneloop版。充電して放置しても自然放電が少ないので安心だね!
今回かかった費用はエネループ2本(プレイ&チャージキットのジャンクと交換)と内蔵用に使ったエネループ2本の計4本=950円でしたー

そういえばもらったケーブルが自分が持っていたのとちょっと色が違かった
白いほうがもともと持っていたほうでケーブルと同色になってるほうが今回もらったやつ。
もしかして黒が出てから付属ケーブルの色が統一されたのかな?

自分が買ったのはXBOX360出たばっかりのころ(本体は初回限定版)だったので、比較的新しいプレイ&チャージキットはGP製のバッテリーが入ってるってことかな?
ってことは最近のプレイ&チャージキットはもちが悪い?もしくは彼がはずれを引いただけか?
ということになるなぁ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

USB接続ミニマイクを買ってみた。

Raspberry Pi用に超小型のUSBマイクを買ってみた。 だいぶ昔に こんな形 のBluetoothドングルを見かけた気が… 一応マイクの部分に穴は開いてるっぽいけど。 スイッチサイエンスとかPimoroniとかで売ってるのと同じものだと思うんだけど今回はeB...