2010年4月16日金曜日

DiRT2の日本語音声化とGames for Windows Liveの日本語化

DiRT2をやり始めてから普通に日本語音声化はしていたんだけど最近Windows Games for Liveの日本語化方法を見つけたw

Radeon HD5870を買ったときについてきたDiRT2なのでSteam版の方法です。


まず音声の日本語化。
とりあえずインストールされるディレクトリは標準でC:\Program Files\Steam\steamapps\common\dirt 2ですのでほかのところにインストールしてる方は読み替えてください。

音声のリネームはファイル名編集だけでできるのでとっても簡単。

C:\Program Files\Steam\steamapps\common\dirt 2\audio\speech
を開いて、このフォルダの中の
en.nfsをen.nfs.bakなど別の名前に編集してから、jp.nfsをen.nfsにすればおk。

これでゲームの音声は日本語になってるはず。
ラリーのCo-Driverがしゃべる音声も日本語になってるんだけど、これは好みが分かれるかも?

次にMicrosoft Games for Windowsの日本語化。
これは360のコントローラーをつないだときにしいたけボタンを押すと表示されるメニューが日本語になります。キーボードでの出し方わからんw
なんかXBOX360みたいな感じで操作できるので便利だなぁ

レジストリエディタを開いて
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Codemasters\DiRT2の中のlanguageがengになってると思うのでjapに変更。

そしてSteam版はさらに
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\dirt 2
の中にある12840_install.vdfをメモ帳などで開いてengの部分をjapにして保存。engは一か所しかないです。

これで日本語化完了。くれぐれも自己責任でどうぞ

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...