2009年9月22日火曜日

イーサーネットコンバーターの電源をUSBから取ってみた

XBOX360の無線LANアダプタは高いので、もらったイーサーネットコンバーターでインターネットにつないでいたんだけどACアダプタが邪魔だ

ということでUSBで取ってみることに
FON2100のほうはUSB電源からとれるようにしてあるんだけどFONよりWLI3-TX1-G54のほうが少し速い

しかしACアダプタの表記を見ると3.3Vの1.2A
なんと微妙な…

こうなったらレギュレーターを使うしかない
しかしスマートにしたいので東芝の48033Fを使用した
3.3Vで1.0Aまで出せる

足りなくね…
と思ったけどこれ以上のものが売ってなかったorz
まぁACアダプタの限界まで使ってないだろうというかってな想像なので真似したい方は自己責任でどうぞ
XBOX360とかイーサーネットコンバーターが燃えても知りません

レギュレーターが発振してしまうと入力側がそのまま出力されてしまうのでコンデンサも必要
電解コンデンサが意外とでかいので
超小型の33uFを使ってみた

しかし今度は小太りだ…

でもがんばってレギュレーターと電解コンデンサ(33uF)と積層セラミックコンデンサ(0.1uF)を取り付けることに成功

結構頑張った

ついでに横から

レギュレーターの上の青いのが積層セラミックコンデンサ
コンデンサの足にはショートしないようになんか挟めておいた


ギリギリだけどちゃんとカバーも閉まるw
ギリギリすぎてこれはめるのも以外と大変
ミスると形が悪くなる



さっそくつないでみた
まぁとりあえずUSBの規格では5Vの500mAだからやばそうだけど
XBOX360につないでみたところ1ポートで動く模様(真似してXBOX360壊れても知らない


とりあえずダウンロードもできるし
正常に動いてるようだ


通信中に温度計ってみた
カバーの上から非接触温度計で測定
やっぱり詰め込みすぎたかなぁ…

ちなみに本体の背面は55度ぐらいだった

溶けなければ全然OKなのでこれでいいや
でもコンデンサの寿命が心配だけどね

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

簡易PoEインジェクタを作ってみた。

Raspberry PiにPoEで給電できたら便利だなぁと思っていたんだけどIEEE802.3afとかIEEE802.3at対応品で揃えると結構お高い… eBayみてると規格に準じてない簡易的なものが結構出てるし、秋月には PoE LANケーブル電源供給基板キット なるも...