2008年12月24日水曜日

SHD-DI9Mが熱い! らしい

SHD-DI9MってのはDELLから出ているUMPC、Inspiron Mini 9用のSSDらしいですね。

そういえばこの機種はとても安かったり

XP搭載の一番安い構成で44980円とか。SSDが8GBでメモリ1GBのAtom機です。
知り合いに勧めてみたら即購入だったので届いたらセッティングしに行こうっと

んでそのマシンのSSDは裏ぶたをあけるとアクセスできる場所にあるらしい。
それ用のSSDがBuffaloからでたSHD-DI9Mというわけなのです。
まぁCドライブなので交換したらリカバリが必要だったりするんですがね

それでこのSHD-DI9MのサイズがEeePCのCドライブのSSDと同じというわけでふつうに交換しても動くようです。
ねじ穴の位置が微妙に違うのでSSDのほうの穴は長穴にされてるとか
まぁ分解しないとアクセスできない場所に取り付けられてるので保証対象外ですが

MLCですがコントローラーは新型4chのものらしい。現在EeePCについてるSSDと比べると
書き込みは少しだけUP、読み込みは二倍チョイUPらしいです。
FAT32でフォーマットすると書き込み速度が上がるとか
個人的にはプチフリーズが気になるので乗り換えたいが乗り換えにくい・・・

ピンアサインはEeePC901のとは少々異なっていて、アクセスランプがそのままではつかないとか。
R7をショートさせればおkらしいけどこうするとSSDのほうの保障もなくなるという。

SLCモデル出ないかなぁ

しかしSLCモデルが出るとしたら32GBも載せられないだろうし高くなるだろうし…


交換しようかすごく…悩みますな

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

簡易PoEインジェクタを作ってみた。

Raspberry PiにPoEで給電できたら便利だなぁと思っていたんだけどIEEE802.3afとかIEEE802.3at対応品で揃えると結構お高い… eBayみてると規格に準じてない簡易的なものが結構出てるし、秋月には PoE LANケーブル電源供給基板キット なるも...