2008年11月14日金曜日

ギタフリアケコンのオルタ抜け改善してみた。

そこにはバラバラにされたアケコンがあった。


どうやら中央に移っている基板を見てみるとほかのコントローラーにはあるダンピング抵抗がないw

まぁほかのコントローラーにはPS2とチップの間に抵抗が入っているんですよ。コントローラー側でいう入力にですね(CMD、SEL、CLK)
ケーブルに入ってる気配もないし、なんかチップがほかのコントローラーよりしょぼいような気がするのは気のせいか?

というわけでとりあえず抵抗つけることに。

用意したもの
・こて先
・フラックス
・チップ抵抗
・こて台

いまさらこて台とか思った人、本当に今さらです。小学3,4年からはんだごて握ってるのに今回のこて台が初めてなのだw

チップ抵抗を選んだのはかっこよくするため。

まずはこて先交換。

こて本体よりこて先のほうが高いのは気にしないでくれ。このこて先めっちゃ使いやすい。

まぁ取り付けは簡単。パターンカットして表面削ってフラックスを縫って半田で抵抗を付けるだけ
基板と抵抗の両方にあらかじめ半田をつけておいてあとは位置を合わせて上からこてであっためるだけです。

と簡単に書いてあるけど結構難しい。コネクタとチップの間にある黒いチップ抵抗三つが今回追加したダンピング抵抗。
一回デザインナイフの先折れて焦った焦った。
しかも今日は左手がすごく震えて・・・

とりあえず完成

この番組はたねこ氏の提供でお送りしました。

これでオルタ抜けは改善された・・・はず・・・?

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...