2008年5月27日火曜日

PCリフォームパーツ用ケーブル

SATAのHDDを外付けにできるようにしたのはいいけれど、リフォームパーツの電源端子からHDDまでのケーブルがないためにいちいちケースをあけないといけないのであんまり意味がありませんw
というわけでシリーズのケーブルを買おうと思ったら980円だった・・・

なんだかただで作れそうなので作ってみた。

用意したもの
・マザーに付属してきた4Pin→SATA電源端子変換ケーブル
・適当な電源を解体したときに出てきた電源ケーブル
・熱縮チューブ

察した人もいるかもしれませんが、変換ケーブルをカットしてつなげて熱縮チューブで絶縁するだけw

SATAケーブルと同じ長さにしておくと便利ですよ。
あと、4本ばらばらなので結束バンドでとめておくといいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...