2008年5月31日土曜日

LaFoneraにDD-WRT v24を入れてみた

いつの間にかv24がリリースされてたのでLaFonera2200にインストールしてみた。

準備
・Fonera用のDD-WRT v24(linux.binってやつ)
・TFTPサーバー(poor TFTPを使いました)
・Telnetクライアント(Windows標準のを使ったけど、puttyのほうが楽らしい…)

まずLANケーブルでPCと直結する。
PCのIPを192.168.1.2とかに固定。
192.168.1.1 9000にTelnet接続できるように下準備
FONに電源を入れてIP取得が終わったらすぐに接続。(XPとかではバルーン出ますよね。)
すぐにCtrl+C

Redboot>ってでたら下へ
でなかったら電源入れるところからやり直しですね

TFTPサーバーとおなじディレクトリにでもlinux.binをいれてサーバースタート。

Telnetのほうで

RedBoot>ip_address -l 192.168.1.1 -h 192.168.1.2

RedBoot>fis init
y

RedBoot>load -r -v -b 0x80041000 linux.bin
ダウンロードが終わるまで待つ
RedBoot> fis create linux
これは30分ぐらいかかるので気長に待つ。接続切ったりなんか入力してはダメ。
終わるとRedBoot>って出るのでわかると思います。

RedBoot>fconfig
bootscriptを入れろって出てきたら、
fis load -l linux
exec
でエンター
そのあともデフォルトでいいと思います。
最後に設定を保存するか聞いてくるので
y
少し待ちます
RedBoot>ってでたら
リセットして完成

RCとれたってことは安定したってことかな?
まぁ今のところ問題ないので気にしないことにしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...