2008年3月27日木曜日

Vistaインストール後にAHCIを有効にしてみる。

ICH9搭載マザーだと思ってそのままIDEモードでインストールしていましたが、あとからAHCI対応のICH9Rが搭載されていたことに気づきました。

ためしにAHCIモードにして起動してみると見事にブルースクリーン
Vistaからは標準で対応だと聞いたのに~

マイクロソフトのサイトを見ていると解決策を発見しました。
レジストリエディタで
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\msahci
を開いて、Startの値を0にセットするといいらしいです。

ためしに0にして終了し、BIOSでAHCIモードに設定して起動させてみるとドライバのインストールが始まりました。
あとはドライバのインストールが終わったら再起動するだけでいいようです。6ポート+αは結構長い

再起動が終わったらIntel Matrix Strage ManagerをIntelのサイトからダウンロードしてきてインストールします。
さらに再起動して完成です。

これでNCQやホットプラグが使用可能になりました~

起動したままHDDを接続すると自動的に認識されるようになります。これは便利ですねぇ。
試したHDD(全部日立w)は4台ともAHCI対応だったようですが、対応してないのもあるようです。
SATA2対応ならほとんど大丈夫だと思いますけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

モバイルWi-Fiルーターを買ってみた

iPad miniに格安SIMを入れて使っているんだけど、他のデバイスでWifiを使いたいときにiPadを持ってきていなかったりするのでモバイルWiFiルータを買ってみた。 DMM mobileのSIMを使っているのでDocomoのモバイルWiFiルータが一番手軽に入手できそ...