2007年12月24日月曜日

ジャンクなTVキャプチャボード

なんかキャプチャボードもらったの忘れて放置されていました。
NECのSmartVisionですかね。Conexant BT878にALPS TSCN2が乗ってました。
ドライバはBT878搭載キャプチャボード用のWDMドライバを公開しているところがあったのでそこからダウンロードしてきました。
インストーラー版を実行してみるとボード名とチューナーを選択する画面が出るけど、どっちも一覧にねぇー
仕方が無いのでボード名はデフォでチューナーは互換性があるSHARP 2U5JF5540を選びました。
あとはDScalerを入れてTVを視聴できます。

このボードの音声出力ですが、外部でサウンドカードのラインインにつなぐ構造になっていたので改造してみました。

内部にパターンが残ってるではありませんか。

ここにコネクタをつけてケーブルを自作するだけ。むかしのオーディオケーブルと互換性があるようです。
これでこんなわずらわしいケーブルから開放されました。

画質のほうはまあまあですな。とりあえずサブマシンに搭載しておきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...