2007年9月9日日曜日

Moded XBOX Final Edition

VGA化もBIOS書き換えも施したXBOXですが少し調整してみました。

まずVGAケーブル。パーツの密度が高く半田付けに苦労した結果中途半端に半田付けされた箇所がありD-Sub15Pinケーブルを抜き差ししている間に映らなくなってしまいました。パーツの構成を考え直し、ショート防止のためにICのいらない足をカットしてしっかり半田付けして必要な場所は熱縮チューブで絶縁してやりました。ケーブルの先に5mmぐらいに切った熱縮チューブを通してから半田付けするとケーブルのビニールが余計に剥けてしまうのを防止できますよ。ついでに抵抗を可変抵抗に変更しパスコンを入れてやりました。

オーディオ端子にはジャンクの31円で売っていたものを取り付けました。ジャンクといってもパッケージが汚いぐらいでしたけどね。

次にBIOS。XboxMediaCenter(XBMC)がフリーズして再起動するたびにEvolutionXから読み出すのは面倒くさいので標準でXBMCを読み込むようにBIOSに変更を加えました。もちろんVGA版も作成しMultiBIOSにしてみました。

すべてベースはEvolutionX M8plusで、XBMC、XBMC VGA、EvolutionX、EvolutionX VGAという風に切り替えて使えます。デフォルトでEvolutionX VGAが起動するようになってます。XBMCの方はフリーズしたときにLRトリガーとStart Selectを同時押しするとリセットがかかります。

ついでにスピーカー。結構前に2.1chスピーカーを買ってみたもののあまり効果がないのでヘッドフォンを使っていましたが、ボリュームが逝かれてることを発見。交換したら低音が効くようになりました。やはり2chスピーカーでは味わえない高音と低音がはっきりした音で楽しめます。閉店セールで5000円ぐらいで買ったものですがSubWooferいいですよぉ~。

もう改造しつくしてしまったのでまた押入れ行きかな(笑)。なんか遊ぶというよりも改造のほうが楽しいんですよ。みんなで遊ぶのがいいのです。ひとりでやってもなぁ~

どのぐらいの金がかかってるのか計算してみた。
・XBOX本体…$249.99
・青色LED(HDDアクセスランプ用)…63円
・標準AVケーブル(VGA化用)…675円
・10芯ケーブル…283円
・LM1881N…546円
・フィルムコンデンサ…126円
・抵抗…15円
・D-sub15Pinメス…178円
・D-sub15Pinフード…200円
・ステレオミニオーディオジャックメス(ジャンク)…31円
・2連ディップスイッチ(MultiBIOS化用)…105円
・内部配線用ケーブル…Price less
改造費だけで2222円ですね。内部配線に使った細いケーブルは学校のゴミ捨て場に捨ててあったプリンタケーブルをばらして利用しました。細かいポイントに半田付けするのが楽でした。
XBOXはアメリカでHALOが出てから少したってから買ったものなので「$99.99の価値があるソフト付いてるよ」とか箱に書いてあり、JetSetRadioFutureとGT2002が付いてました。コントローラーは北米版で言うXBOX Controller S。日本でいう普通のコントローラーです。コントローラー中央のロゴに違いがあります。

そういやXBMCってSHOUTcastに対応していたんですね。簡単にネットラジオが聞けます。やっぱりPSPRadioより使いやすいですなぁ。

Xボタンで視覚エフェクトを出してからStartボタンでメニューをだすと録音ボタンがあり、録音までできてしまいます。一曲づつ勝手ににファイル名をつけて保存していくようです。ちゃんとラジオ局名のフォルダも作ってくれます。



まだ未知の機能がありそうですね。スクリプトでYoutubeも検索できちゃったりと便利です。

日本語版ではXBMC-2007-09-03(takaさんjpn 等)が最新のようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...