2007年8月8日水曜日

XBOX360の修理について調べてみた。

いつ帰ってくるか気になる(あんま使ってないけどないと使いたくなる)のでほかの人がどのぐらいかかってどんな修理をされたのか調べてみた。

修理内容はほとんどメインボードとアルゴンボートの交換らしいです。
アルゴンボードのことを知らない人も結構いるようですが、アルゴンボードというのは電源スイッチや無線チップが載ってるサブボードのことのようです。
なのでアルゴンボード交換となっている場合、無線機器のペアリングが必要になるようです。
本体にある小さなペアリング用のボタンを押した後にコントローラーのLRボタンの間にある小さなボタンを3秒くらい押してやればいけると思います。
メインボード交換って言うことはLANのMACアドレスも変わるのかも。純正無線LANアダプタ使ってる場合は問題ないだろうけど。
ドライブ交換って言うのはあまりないようですが、同じドライブのようだが静かになってるという報告もあります。
ドライブのファームウェアでも書き換えてるのかな?新型のBenQドライブならかなり静かなようですね。
GPUのヒートシンクもグレードアップされるかも。重さを量ればわかるかな?

日数ですがほとんどの場合4~5日で戻ってきてるようです。
これは修理としては早いんじゃないの?

早く戻ってきてくれー
最近はメディアプレイヤーとして活用されてますから。(高解像度のMpeg4が再生できますから
買った本人より使ってる人いますから…(Wiiもそうかも

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...