2007年5月19日土曜日

Windsor、ようこそ電研へ。

ついに電研にDualCoreがやってきました。

Athlon 64 X2 +3800 (Windsorコア) 2.0GHzですよ。

シングルコアよりコストパフォーマンスが高い。

マザーボードにはGeForce7050PV+nForce630aを搭載したBIOSTARのTシリーズですよ。

Tシリーズって言えばゲーマー向けですよね。周辺機器もしっかりしたケースに入っていました。

 

HDDが320GB!!!

電研では平均20GBのHDDを使用しております。

流れとして20GB→40GB→80GB→320GB

160GBと250GBを抜かす勢いで値段が落ちております。

Seagateの垂直磁気記録方式採用のものにしました。

電気代なんて関係ないから容量でかくても大丈夫(笑)

 

メモリがDDR2の1GBですよ。

ドスパラでTWOTOPより1100円程度安く買えました。もちろんバルク。チップ確認するの忘れてた…

 

電研ではありえないスペックですが、これで33000円ぐらいでした。

 

去年度に買ったケースは2000円、キーボード470円、マウス980円、ブルーに光る12cmファンが1280円。

ざっと38000円程度ですか。

 

工学ドライブは生徒会会費からでる部費で購入予定。

とりあえずそこらへんに転がっていたドライブをとりつけてOSをインストールした。

 

ところが7050PVの最新ドライバを探すのに一苦労。とりあえず付属のCDからインストール。

最新版はついさっき入手したので明日が楽しみだぁ~

部長が無性に3DMARK06を動かしたがっていたのでダウンロード。しかし重いなぁ…

05にすればよかった。(なぜか容量半分以下)

 

デュアルコアってレジストリのL2Cacheの項目どう設定するんだろ…

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...