2007年5月28日月曜日

メモリ価格が急落

10日前ぐらいに電研の新しいマシンを作るときに買った1GB DDR2バルクメモリがもう3980円まで落ちていました。ここら辺でも4000円を切っていたみたいですな。

秋葉ではそのときもう4000円切っていたみたいですが、仙台なので仕方なく4480円で買ったのにー

こんなに早く下がるとはおもわなかった…

 

しかしDDR1は高い。もう値段が下がることはないだろうからマシンのアップグレードもあきらめます。

マザーとCPU変えてもいいとおもうけど

どうせならグラボもGeForce8800にしてVistaにしたいじゃないですか。

そうすると残るのはHDD、光学ドライブ、サウンドカードとケースなのでアップグレードの意味がほとんどなくなってしまうのね。

 

というわけでSocketAM2+なるものを待てば…

DDR3対応らしい。今のところDDR3は高いから一年ぐらい後がちょうどいいかも。

そのころにはグラボの値段も買える程度になってるだろうし。

 

こんどはPCIEx16*2のマザーで

というのは現在使用しているマザーはSLIモードだとPEIEx8*2になる。

まぁまだSLIが普及してなかったし、上位モデルのDelaxでもPremiumでも対応してなかったから仕方ないのかな。

どうせGeForce6600GTだから間に合ってるだろうけど…

 

今でもPCIEx16*2のマザーはハイエンドモデルしかないみたいですな。

しかしこのマシンを組んだころに比べるとさほど高くなくなってきてるみたいだけど。

どうせSLIするのって3Dゲーマーぐらいしかいない?から仕方ないのかな。

よく考えてみると3D使ったりしないマシンにははっきりいっていらないでしょうね。

最近はドライバがよくなってきたから対応してないソフトでも性能UPするみたいだけど。(昔のドライバだとGTASAで不具合が発生していた。)

しかしSLI組んでるからといってもGeForce6600GTで最新ゲームはきつい。LostPlanetのPC版でXBOX360のクオリティーを再現するとFPSが10ぐらいしかでない。

 

LostPlanetといえばDirectX10対応版はすごいらしい。

DirectX10対応のGeForce8800GTSでSLIしたら大変なことになるんじゃないか。今のところ二枚で8万だけど。

8800はないようですな。どうせ8600GTと同じぐらいの性能になってしまうから作らないのかな。

GeForce6600GT買うときもGeForce6800と同じぐらいの性能なのでコストパフォーマンス高いとか言われたような。

サブマシンに積んであるGeForce6800はそれしかなかったころなので仕方ないけどなんか損した気分だ。

あれで5万円だったっけ。今5万出せばGeForce8800GTSのメモリ640MBタイプが買えると思うと悲しくなってきた(涙)

「最新グラボだぜーウハウハ」ってしていたことが懐かしい。

 

メモリの話もそうだが、時代の進歩とは恐ろしいものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Post

LANのクロス変換アダプタを安価で作ってみる。

最近はAuto-MDIX対応の機器が増えてるのであんまり使う機会がないけど、LANのクロス変換アダプタってたまに欲しくなったりする。 そんなに使うものでもないのでダイソーで売ってたLAN延長コネクタを改造して作ってみた。 前回 PoEのインジェクタ 作ったときと同じもの...